EnB 15号 目次
詳細 のマークがついているものは記事の内容がご覧になれます。

 

■EYE
国際標準化は海外戦略なのか

■REPORT
CFIHOS、来年にも正式採用へ
プラントデータ標準化への対応が急務

■GLOBAL Business
・Air Products、BHGEのターボエキスパンダー買収
・Haldor Topsoe、Ferrostaalを買収
・Praxair、大陽日酸に事業譲渡でLindeと統合
・米国新発電ルール、CO2削減せず?
・Neste、廃プラリサイクルに着手

■TOPICS
資源の確保と環境、効率化図る 南亮 資源燃料部長
受注環境の好転が明確に-第1四半期受注状況

■Projects News
…CPC、インドで石化PJ
…BASF、マレーシアでアクリル酸を計画
…豪州でFSRU
…Aramco等、ガス化/発電事業でJV
…BHGE、インドで最大の開発業務受注
…ハネウェル、中国にPSA技術
…Big Lake IIガス処理工場建設へ
…Fluor、非鉄金属PJを受注
…Invista、中国でPTAプラント
…Wood、比GTP資産管理で契約を延長
…印メガリファイナリー計画が進展
…Jacobs、Wapiti2を受注
…ウズベキスタンで新規製油所計画
…KBR、メタノールプラント受注
…KBR、中国のPC計画にライセンス
…LyondellBasell、テキサスのPOプラントに着工
…Petrofac、イラクでCPF受注
…PNG-LNG、BPと中期LNG販売契約
…Aramco、2つのプロジェクトを承認
…米Sintech、PVCプラント建設に着工
…SNC Lavalin、Al-Zourの支援業務受注
…SHI FW、韓国でバイオマスボイラ受注
…Topsoe、インドにアンモニア技術ライセンス

■NEWS Flash
・英国原発、プロジェクト推進体制を確立
・関電、ミャンマーの水力IPPで認可取得
・川崎重工、鹿島共同火力から100MWCCPPを初受注
・ENAA40周年記念、経済産業大臣賞を表彰
…MHPS、Nghi Son IIのSTG受注
…Hits、中国でごみ焼却炉2件受注
…東洋エンジ、兵庫県でメガソーラー受注
…千代田化工、バイオマス発電受注
…横河、プラントの自動最適化運転の強化学習技術
…MHPS、石炭・バイオマス発電でMHPS-TOMONI
…日本初のバージ方浮体式風力実証機が完成
…双日、タイTTCLに出資

■Environmental
・環境省、平成30年度廃棄物エネルギーの利活用説明会
・朝霞市、和光市とごみ焼却施設整備を検討
・香芝・王寺環境施設組合、クボタ環境Gが落札
・MHIEC、姫路市から基幹的設備改良工事を受注

■Procurement
・三菱電機、産業用カラーTFT 液晶モジュール新製品
・横河電機、プラント操業の高度制御ソリューション
・神鋼環境ソリューション、水電解式水素発生装置

■海外・国内主要プロジェクトの動向

■エンジニアリングダイジェスト

■データ・ファイル

■Editorial 詳細へ

EnB 13号 表紙

 

EDITORAL

●編集後記

○…電車での社内風景をよく話題にしているが、今回もその一つ。
 電車内で聞き手にかかわりなく取り留めもなく一方的にしゃべっている方に最近出あった。通勤などの込み合う電車ではあまり見ないが、一方的にしゃべりまくる方は電車内に限らずどこにでもいる。大体が「おばさん」だ。そういう決めつけはハラスメントになるかも知れないので、酔っぱらって声高にわめくようにしゃべる「おじさん」もいないではない、と言い訳する。
 ところが今回、相手が聴いているのかどうかも関わらずしゃべりまくっていた方は、おばさんというには気の毒な若い女性であった。
 もしかしたら、相手も真剣にその話を聴いていたのかも知れないが、大体JRで4〜5駅の20分程度、相手の方は相づちと先に降車するとき「じゃあ明日ね」としか発声しなかったように思えた。その様子では、もちろん対話は成り立たない。一方的な宣言といっていいだろう。
 こういう方のことを、「間抜け」というと聞いたことがある。「間」とは、芝居、漫才などでも使われる時間的な「間」である。「人」に「間」がついてはじめて「人間」となる。間が抜けていなければ単なるヒト科の動物かも知れない。会話に際して心しなければと自戒する。

○…3,200億円を投じて、日本橋に青空を戻そうと言う事で、首都高速道路の日本橋部分の地下化が決定した。
 日本橋は歴史的江戸五街道の起点「ゼロポスト」である。その日本橋の上に高速道が走り、うす暗くなって空を見上げることができない。「日本橋に青空を取り戻したい」という動きは随分以前からあった。
 だが疑問が残る。日本橋部分のみの地下化のために3,200億円が必要であり、首都高の他の部分には全く言及されないという点だ。首都高の日陰になっているのは日本橋だけじゃない。用地買収の困難さから河川の上を覆って建設されてきたため、東京都心部では日の当らない川が多くある。水環境としてはあまり宜しくない。
 また首都高速道路はすでにあちこち老朽化している。その保全あるいは建替えも今後必要となってくる。一部には「設計ミス」とまで評された分岐合流ポイントもある。首都高速道路は今後のあり方を含めて全体をどうするかの議論が必要になってきているのに、日本橋だけ特別扱い。
 しかも再開発がセットなので折角取り戻した空も、高層ビルによって、再び切り取られて、結構狭いものとなろう。
 全体を地下化しろ、と言うのではないが、全体設計の中で日本橋部分の扱いも決めて行く、ということは出来ないものか。

最新号目次へ

Copyright (C) 2002 ENGINEERING JOURNAL CO,.LTD. All Rights Reserved.